ビズデブ

新規事業開発や起業に挑戦する人のためのメディア

【便利】新規事業開発という職の市場価値について

f:id:bizdeveloper:20180906115040p:plain

新規事業開発という職は事業のフェーズによっても業務内容がまちまちで、幅広い業務を行うことから、ジェネラリストと呼ばれたりもします。

苦手分野が少なく、何でも人並み以上にこなせると言うようなイメージがありますが、逆に言うと、専門性が身に付きにくいのも確かです。

  

市場価値を把握・表現しにくい

例えば面接で自分をアピールする時に、

マーケティングを◯年間やっており、特にSEO対策が得意です


のように言えた方が、自分は何が得意か、入社してどの分野で貢献できるのかが、分かり易いです。事業開発の場合は業務が非常に幅広いため、一言で言い表すことが難しいでしょう。

また新規事業の95%は失敗するとも言われる中、華々しい実績を残す事も極めて少ないため、経験とスキルを絶えず磨いていかなければ、採用担当からみて特に取り柄のない人間になってしまいます。

とは言っても、今は自分にどれくらいの市場価値があるのか、気になりますよね。
自分の経験はキャリアアップに繋がっているのか、今の年収は基準に合っているのか、事業開発ならではの悩みを持っている方は多いと思います。

よくある方法として、
転職のプロに相談できる『DODA』や、求人企業とエージェントからスカウトがもらえ『BIZREACH(ビズリーチ)』を利用して提示される金額で判断するのも良い方法かと思います。
でも少々面倒ですよね。

 

5分で自分の市場価値(年収)がわかる『ミイダス』

そこで、もっと簡単に市場価値がわかるサービスで『ミイダス』と言うものがあります。
開始2年で利用企業は7,000社以上、利用ユーザー(求職者)は12万人を超える人気サービスとなっています。

f:id:bizdeveloper:20180906125917p:plain
公式サイト:https://miidas.jp/


サービスの説明はこちら

 

自分と似たキャリアの人たちがどれくらいの年収で転職しているかが分かり、
その上企業から直接面談確約オファーも来ます。

UIもとても使いやすく、非常に便利なサービスです。
あくまで目安として試して見てください。

実際に転職を考える場合は、『ミイダス』 で年収の相場を見た上で『DODA』『BIZREACH(ビズリーチ)』を組み合わせて利用するのも良いと思います。

 
以上、
新規事業開発の市場価値を把握する便利な方法のご紹介でした。

事業開発としても、情報収拾のためにこの様な新しいサービスをどんどん利用してみてくださいね。