ビズデブ

新規事業開発や起業に挑戦する人のためのメディア

【製品レビュー】撮影機材シェアサービス「totte」α版リリース

f:id:bizdeveloper:20180906190827p:plain

(個人的に)待望の撮影機材のシェアリングサービスがリリースしました。
現在はiOSバージョンのみです。

「totte」の前身(!?) 「Take's One」


実は「Take's One」という同様のサービスが以前、makuakeでクラウドファンディングを行い、アプリのβ版もリリースされていました。

しかし現在はサービスを閉じています。
見ていた感じでは機材の登録も殆ど進まず、マーケティングも行なっていなさそうでしたので、市場に認知される前に消えてしまったのでしょう。

「Take's One」を代表で作っていた和田泰弘さんは現在CA(サイバーエージェント)で勤務していますが、サービスの本格的な開発を始める段階で既に内定が決まっており、開発自体もCA内定者間で無償で行なっていた為、チームが空中分解したのかもしれません。

詳しくはこちら:


とてもいい発想で使いたいサービスだったので、残念でした。

 
と言うことで、「totte」が満を持してリリースされた事で、期待しています。

 

 「totte」に登録してみた

 iPhone版 App: 
Totte(トッテ) on the App Store

アカウント登録、本人認証を終え、いざ利用開始。
本人認証は身分証の写真をアップしてから10分程で認証完了。

 

UI/UXは直感的で使いやすそうです。
おすすめアイテムの初めに出てきたレンズを選択。
「予約をリクエスト」を選択。

f:id:bizdeveloper:20180906203613p:plain      f:id:bizdeveloper:20180906203138p:plain

 
レンタル料金の設計

9月11日〜9月12日を選択。
レンタル料金は¥12,960 !?

f:id:bizdeveloper:20180906203900p:plain    f:id:bizdeveloper:20180906203313p:plain

 

次に9月11日〜9月19日を選択。
レンタル料金は先ほどと同様、¥12,960

f:id:bizdeveloper:20180906204955j:plain      f:id:bizdeveloper:20180906205105j:plain

どうやら、レンタル料金は1週間(7泊) まで固定のようです。
少しショック。
週末にサクッと借りたいと思っていましたが、今の所は長期でしか借りれないようです。

 

レンタル、返却の方法

レンタルと返却は宅配便ではなく、オーナーが指定した場所で対面で行うようです。

↓受け渡し希望場所

f:id:bizdeveloper:20180906210455j:plain

  

機材の補償について

アプリ上には記載がなかったので、WEBサイトより抜粋

f:id:bizdeveloper:20180906212554p:plain

レンタルした事により現状復帰が出来なくなった場合は補償してくれるようです。
ある程度は安心できますが、カメラ本体やレンズは精密機械で内部の損傷には気付きにくいことが心配です。

これがどれほど貸主に受け入れられるでしょうか。

 

まとめ

今回は借りるユーザー側に立って製品を見てみました。
簡単にまとめです。

  • 最低レンタル料金は1週間分
  • レンタルと返却はオーナー指定の場所で対面で行う
  • 製品が現状復帰できなくなった場合の補償はある


レンタル料金が1週間分からと言うのは、借りるハードルが少し高いですね。
どうしてこのような設計になったのでしょうか?
借りるユーザーは企業をイメージしているのでしょうか。

また対面での貸し借りになるので、如何にユーザーと登録機材数が増えるかが肝になりそうです。
今後、映像クリエイターを多く抱えるCrevoや90 Seconds Japan、viiberなどの会社から引っ張って来れれば一気に会員数は増えそうです。

 

サービスとしてまだ不便な部分はありますが、まだα版と言うことで、マーケットフィットするかの検証段階のはずです。

長い目で応援していきたいと思います。